「200年をたがやす」を開催します

【はじめに】
秋田市では、2021年3月の「秋田市文化創造館」の開館を文化創造のまちの実現に向けたスタートと位置づけ、同館を拠点に、市民のみなさんによる様々な活動の創出や、人と人とのつながりを生み出すなど、文化を切り口に将来のまちづくりを見据えたソフト事業やネットワークづくり等の継続的な取り組み「文化創造プロジェクト」を実施することとしました。文化創造館の開館からおよそ半年間、文化創造プロジェクトのスタートアップ企画として、また、文化創造館のオープニング特別事業として、市民とともに”あきた”を探る展覧会「200年をたがやす」を開催します。

【概要】
「200年」という幅で、過去に、そして未来へと”あきた”を探る展覧会。会期は制作過程を公開し、市民とともに制作する「つくる(3月21日(日)~6月18日(金))」と、その成果を広く公開する「みせる(7月1日(木)~9月26日(金))」で構成され、「食」「工芸」「生活・産業」「美術」「身体表現・芸能」という5分野において、地域の文化をたがやす活動を未来へ継承していきます。
<全体監修>服部浩之氏(秋田公立美術大学大学院准教授)

【出展テーマ】
食:あの人のレシピをつなぐ
工芸:押し入れに眠ってしまった秋田の伝統工芸品
生活・産業:あきた400年リサーチセンター
美術:地域(を越境する)文化の調査/文化創造館のスコアをつくる
身体表現・芸能:練習都市 祭りの準備

今後は各分野での募集情報やイベント情報などを随時掲載していきます。ぜひご応募・ご参加ください。