2018.10.13 おもしぇど・かだればぁ

「おもしぇど・かだればぁ」へ

中央図書館明徳館のエントランスで開催された「一箱古本市」に、まちなかがっこぅの部活「おも・かだ」が参加しました。
「一箱古本市」とは主に個人が一人一箱程度の古本を持ち寄って販売する古本市です。今回は20の団体・個人が出店し、「おも・かだ」は初めての参加でした。

「おも・かだ」が持ってきた本を展示し、あたりの様子を見まわすと、「思った以上に皆さん出品が多いな」と話していましたが、初めてにしては上々の品ぞろえかな、と思います。

一箱古本市は毎年秋に開催しているそうです。部員は思いがけなく楽しい集まりに気を良くし、「来年はもっとたくさんの本を集めて参加するぞ!」と張り切っていました。
まちなかがっこぅの部活がほかの活動に参加してみたり、部活同士がコラボして何か企画をしてみたりして、いろんな活動がつながっていくと、楽しいまちになりそうですね。

ピックアップ記事