2018.12.09 おもしぇど・かだればぁ

「おも・かだ」が、12月9日に今年2回目となる蕎麦打ち体験を行いました。蕎麦打ちは第1回おとなの遊び場計画で行った人気企画。上北手の遊学舎「食工房」を拠点に活動する「游楽庵」という蕎麦打ち大好きな人たちのグループが先生を務めてくださいました。

先生方の指導のもと作業が進みます。講師の先生の指導がいいのか、参加した皆さんの飲み込みがいいのか…多分両方でしょうが、作業は順調に進みます。ちなみに皆さん蕎麦打ちは初体験だそうです。

試食会ではそれぞれ自分が打った蕎麦を食べるのですが、先生が打った蕎麦との違いがはっきり出て、感心しきりでした。
今回習った蕎麦打ちを生かし、今度は「おも・かだ」が蕎麦を振る舞うイベントをやってみたり、先生になって他の人に教えてみたり……。ここからまちなかにいろんなつながりが広がりそうですね。

ページ上部へ戻る